地方銀行として名を馳せる横浜銀行

日本最大の地銀〜横浜銀行〜

  全銀協と事故情報      
 
 
 

全銀協ってなんだろう?

全銀協と事故情報

 

個人の債務や債券の取引情報や現在の債務状況などを把握する「信用情報機関」。日本にも複数の信用情報機関がありますが、最も規模が大きいのは全銀協が運営している全国銀行個人信用情報センター(KSC)です。ここでは主に都市銀行や信用金庫などが取引をした個人の債務や債券の取引情報などが管理されています。

一般的に、個人の債務や債券が何らかの理由で支払いが遅延したり、支払いができなくなったり、また債務整理などによって借入時の計画的な返済ができなくなった場合には「事故情報」として、情報センターに登録されます。事故情報が登録されると、銀行などが「この人には過去にお金を払えなくなっている人だから、これ以上お金を貸すのは危険だ」などと、個人から商品の利用を希望された時、その可否を検討する判断材料として利用されるのです。

全銀協では、事故情報が登録されると郵送で「事故情報の記録は5年間残ります」と通知をしています。また事故情報の内容や登録の理由も書かれているので、受け取った側が身に覚えがないという不安を解消することもできます。信用情報機関の中では親切丁寧な部類です。異議申し立てをすれば登録を解除してもらえる場合もありますが、相当の理由がないと難しいです。

なお、事故情報は国内にある複数の信用情報機関で共有されます。KSC非加盟の金融機関に申し出てお金を借りようとしても、事故情報はすべて共有できているので、そう簡単にお金を借りることはできない仕組みになっています。

 
 
 
 

地方銀行として名を馳せる横浜銀行

 
横浜銀行の定期預金
 
横浜銀行の普通預金
 
横浜銀行の歴史
 
横浜銀行の住宅ローン
 
横浜銀行ならではの商品
 
横浜銀行の優れている部分
 
横浜銀行に不足している部分
 
横浜銀行のインターネットバンキング
 
 
 

広島県に本拠地を置くもみじ銀行のすべて

 
もみじ銀行の本拠地と生い立ち
 
もみじ銀行と競合する銀行
 
もみじ銀行と山口銀行の意外な関係
 
もみじ銀行のダイレクトバンキングとは
 
もみじ銀行の住宅ローンは借りるとどうなる
 
もみじ銀行でマイカーローンを借りよう
 
もみじ銀行のカードローンとその内容
 
もみじ銀行と広島カープの意外な関係
 
もみじ銀行設立10周年キャンペーンの内容
 
 
 

群馬銀行のスタイル

 
群馬銀行の定期預金
 
群馬銀行とライバル
 
群馬銀行の変遷
 
群馬銀行のサービス
 
 
 

秋田銀行の全容

 
秋田銀行の定期預金
 
秋田銀行と他の金融機関
 
秋田銀行の歩み
 
秋田銀行の住宅ローン
 
秋田銀行の自動車ローン
 
秋田銀行の注目サービス
 
 
 

全銀協ってなんだろう?

 
全銀協とは
 
全銀協の個人信用情報センターとは
 
全銀協と個人信用情報
 
全銀協の相談体制
 
全銀協の決済システム
 
全銀協から知りえる情報
 
全銀協とブラックリスト
 
全銀協と事故情報
 
 
Copyright © 2019 地方銀行として名を馳せる横浜銀行 | Designed by Web Page Templates